オーダーメイドクラブ製作例

  • HOME
  • オーダーメイドクラブ製作例

オーダーメイドクラブについて

クラブの『顔』を大切にしています

クラブで重量や硬さ・角度などの数値的なものは重要ですが、実は数値で表せない感覚的な部分が非常に大切なのです。気に入った『顔』のクラブは、違和感なく構えられるため自分のリズムでスウィングができ、気持ちのいいショットや良いスコアにつながっていきます。

Ocean Clubで製作・調整したクラブでは、アップライトにしてもグースがついたりフックになったりしません。
大きな特徴として、ライ・ロフトをそのままで、フェースアングルだけを変えることができます。
(ただし軟鉄のヘッドに限ります。ステンレスなどできない場合もございます。)

クラブ製作風景

ご注文の流れ

① カウンセリング

お客様のご希望をかなえるクラブについてお伺いいたします。

② スウィングの診断

シミュレーターのプレイモードを使用して打って頂き、より実戦に近い感覚でのスウィングを診させて頂きます。
ティーチングプロの眼で 最適な数値を見極めます。

③ パーツ選び

職人の目利きで選んだ最適な数値のパーツを複数選び出してご提示いたしますのでお客様ご自身の好みに合ったものをお選びください。

④ お見積り

金額・お支払い方法等をお伝えいたします。

⑥ 製作

お客様自身が選ばれた最高のパーツでクラブを組み、お客様好みの顔に仕上げていきます。(製作期間:最短3日 アイアンヘッドをオリジナル研磨した場合 約1か月)

⑦ 最終チェック

完成したクラブを打ちながら確認して頂きます。

⑧ 商品のお渡し

ぜひ自分好みの『顔』をしたクラブをお試しください。

⑨ アフターフォロー

コースで使って頂き、何か気になるところがございましたら微調整をさせていただきます。

*オーダーメイド商品につき、ご注文手続き後のキャンセル・返品はできませんので予めご了承ください。

製作例① (初級者の方)

ご注文内容

頂き物のクラブでゴルフを始めたが、スライスがひどい。何とかしてほしい。

〈 ご使用モデル 〉
スライスしやすい
〈 オリジナルEモデル 〉
スライスしにくい

ご提案

クラブはマッスルバックでグースも少なく、シャフトも重いのでスライスしやすい。
スライスを防ぐためにキャビティ―バックのヘッドでグースを少し強めにし、シャフトも軽量スチールにすることをご提案させて頂きました。

【ヘッド選び】

右がお選びいただいたOcean ClubオリジナルEモデルです。
一回り大きく、重心距離も長いので今回ののスライス対策にはもってこいです。

工程①

〈 ご使用モデル 〉
グースが少ない
〈 オリジナルEモデル 〉
グースが多い

グースを強くし、ややロフトも立てました。
ヘッドの返りが良くなればスライスになりづらくなります。。

工程②

〈 ご使用モデル 〉
スクウェアな顔
〈 オリジナルEモデル 〉
ややかぶり気味の顔

リーディングエッジを下げ、インパクトでフェースが真っすぐに入るようかぶり気味にしました。

【シャフト選び】

重過ぎるダイナミックゴールドからNS-PRO 950GH(軽量スチール)にして振り遅れによるスライスを防ぎます。

お客様の声

自分が別人になったのか?と思うくらいスライスが激減しました。クラブでこんなに変わるもんなんですね!
(注:スライスの原因の多くはスウィングにあり、クラブだけですべてが直せるわけではありません。

製作例② (初・中級者の方)

ご注文内容

ドライバーがフックして怖い。左に行かないドライバーが欲しい。

ご相談

平均90台で廻っているが、いざという時にフックが出てOBになったりする。

ご提案

重心角の小さいヘッドと、しなるタイミングが合うシャフトにすることをおすすめしました。

〈 ご使用ヘッド 10,5度 〉
フックがきつい
〈 MADNESS 59A 9度 〉
スクウェアに近い

【ヘッド選び】

お使いのヘッドは重心角が大きくフックフェースのためフックしやすい。
右がお選びいただいたMADNESS 59A(9度)。
重心角が小さいため捉まえるには難しくなりがちですが、フックは抑えられます。
製作するクラブは9度なのでフェースの向きもフック度が小さく構えやすくなります。

【シャフト選び】

〈 Mach Line-Lark 〉

先端がしなり過ぎるとフックが出やすいので、手元でしなるシャフトを装着してフックを抑えます。
トルク(ねじれ)も少なめなので、ミスヒットした時に最小限の曲がりで抑えてくれます。

作業内容

重心角にスパインを合わせ、よりフックの出にくい角度で挿れました。
完成品:長さ45,25インチ・バランスD2・総重量313グラム。

お客様の声

ホームコースのいつも力が入ってしまうホールでも、曲がらず真っすぐ飛んでくれました。
自信を持って振れるようになったせいか、この日生涯ベストのスコアが出せました。

製作例③ (中級者の方)

ご注文内容

3番ウッドのフェースが開いていて打てない。もっと球が捉まるようにして欲しい。

〈 修正前 〉
開いている
〈 修正後 〉
ややかぶり気味

ご相談

持ち球がスライスなので、右を向いたフェースでは怖い。

ご提案

シャフトを挿れ直し、フェースアングルを閉じれば構えやすくなるとご提案いたしました。修正前の顔では捉まりが悪く右に曲がっていきそうです。

対応策

シャフトを挿れる角度で調整します。
ネックの部分にアダプターを入れることで角度を変え、開いていたフェースを閉じることでお客様の求めるアングルになりました

お客様の声

打てます!捉まります!

製作例④ (上級者の方)

ご注文内容

何となく構えにくいのでウェッジの出っ歯を下げてグースをつけて欲しいが、ライ・ロフトはそのままにして欲しい。

ご相談

構えにくい理由が自分では分からない。

ご提案

他のクラブを見せて頂くとセミグース。このウェッジ1本だけが出っ歯でイメージが違うため構えにくい。

対応策

リーディングエッジを1ミリ程度下げればイメージが揃います。
トゥが開いて見えればもっと効果が出るのでネックのひねりで対応します。

〈 ロフト58度 〉
〈 ライ64度 〉
〈 SW55度が基準 〉

製作

ウェッジ ロフト角58度 ライ角64度

この角度は修正後も、ご注文通り変えていません。

工程①

〈 修正前 〉
出っ歯
〈 修正後 〉
1㎜ほどエッジが下がりました

修正前はフックフェースの出っ歯 リーディングエッジがシャフトと一線です。
トゥがかぶって見えてたのでネックをひねることで後ろに引っ込めていきます。
出っ歯が後ろに下がり、わずかにグースがつきました。

工程②

〈 修正前 〉
かぶり気味
〈 修正後 〉
スクウェア

修正後はリーディングエッジがネックよりやや下がっています。
出っ歯が引っ込みトゥがオープンに見えるようになりました。

お客様の声

構えやすくなりました!自分の構えたい顔なので自然なセットアップができます。
今までとは違い自分の入れたい角度でヘッドが入るようになりました。

製作例⑤ (上級者の方)

ご注文内容

4番アイアンがフック気味。あまり左に曲がらないようにしたい。

ご相談

180ヤードを打つのに必要だが、ちょっと緊張して力が入ると左に巻いてしまう。

ご提案

ロングアイアンの場合、捉まりを良くしたいというご依頼がほとんどです。これは大変珍しいケースで少しグースを前に出して捉まりを悪くし、トゥが開いて見えるようにして左の怖さを減らすことをご提案しました。

対応策

クラブの中でも使いこなすのが難しい番手ですが、シャフトの重さや硬さに問題はありませんので微妙にグースを弱くすることで対応できます。少しかぶって見えるトゥも軽く開いて見えるようにすれば違和感も無くなるでしょう。

〈 修正前 〉
グース強め
〈 ライ64度 〉
グース弱め

修正前のグースは強め。

ウェッジと同じように調整をしていきます。ウェッジではグースをつけましたが、 今度は減らします。

工程②

〈 修正前 〉
グース大
〈 修正後 〉
グース小

グースが変わったので、ネックよりリーディングエッジが引けていましたが、やや前に出てストレートに近いアングルになりました。
少し捉まりを悪くしたことでフックを防げるでしょう。

お客様の声

やはりロングアイアンは難しいです。でも使いたいので何とかならないか?と思っていました。
構えやすくなっただけでも全然違います。

製作例⑥ (プロ)

ご注文内容

ドライバーのフックをコントロール可能な範囲におさめたい。

ご相談

ドライバーのフックがきつく左が怖くて振れない。いろいろなシャフトを試してみたが上手くいかない。

ご提案

タイミングの合うシャフトを使えば収まります。

問題点

しなるポイントがズレており、シャフトがスウィングのタイミングと合っていない。ヘッドがフックフェースすぎる。
インパクトでフェースがスクウェアにならず、フックのまま当たっている。

対応策

スウィングのタイミングとしなりの合うシャフトの入ったドライバーを試打。

感想

『なにこれ?! これ欲しいです?!』

効果

距離が約15ヤード伸び、フックもコントロール可能な範囲に収まった。

対応

クラブをお預かりし、合っているシャフトをヘッドに装着。

工程①(製作例③をご参照ください)

ヘッドの向きを可能な限りスクウェアに近づける。

工程②

ヘッドのアングルとスウィングに合わせてスパインを調整。
完成したクラブは、45,25インチ・バランスD3,5・フレックスSX1

プロの感想

今までは左が怖くて叩けなかったが、このクラブなら思い切って打てます。

飛距離が伸びた理由

今まではフックフェースである上にしなりのタイミングが合わず思い切って振れなかった。
思った通りにしなってくれるようになり、顔も構えやすくなったため怖がらず安心して振り抜けるようになった。

今回のポイント

スウィングのタイミングを見抜き、しなるポイントの合うシャフトをおすすめしました。
フックフェースのクラブをシャフトの挿し方でスクウェアに近づけ、安心して構えられるようになるでしょう。

プロフィール

名前 織田信亮(おだ のぶあき)
生年月日 1999年10月26日
身長体重 170㎝ 80㎏
出身 福井県
大学 福井工業大学
プロ転向 2020年

本人のコメント

翌年地方トーナメントで優勝。レギュラーツアーにも出場し予選突破。同年プロテストに一発合格。
小学4年生のとき初めて父に連れてきてもらってからここでクラブのことやいろんなことを教えて頂いたおかげで合格できました。
これからツアーに出場できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。

製作例⑦ (プロ)

ご注文内容

アイアンのきついフックをコントロールできる範囲に直したい

ご相談

フックがきつくコントロールが利かない。ライ角がアップライトすぎるからではないか?フラットにした方が良いのではないか?

ご提案

ライ角は適正。フェースの見え方に問題があり、
トゥの上端がかぶって見えるため真っすぐに構えることができていない。
フェースの見え方だけを変える。

対応策

ライ・ロフトはそのままにトゥ側がかぶって見えないように調整。

不安

フェースアングルを変えるとライ・ロフトも変わってしまうのではないか?

ご提案

当店ではフェースアングルだけを変えることが可能です。

工程①

ネックでクラブを調整(製作例④⑤をご参照ください)

調整結果

『え?! なんでこんなことができるんですか?!』

効果

サイドスピンの量がかなり減り、コントロール可能な範囲に収まった。
調整したクラブで打つと、ほぼ理想的なフックボール。

9番アイアン

右に飛び出しフックで戻っています。ほぼ目標地点です。

感想

今まで打ちにくかった4番アイアンもきれいに入るようになった。
構えにくかった番手も、気持ちよく構えられるようになった。

新たな問題点

ご指摘

5番アイアンで200ヤードのキャリーでやってきたが、210飛んでいる。距離感は大丈夫だろうか?

対応策

距離を落としたければ問題なく対応できます。

飛距離が伸びた理由

今までは構えにづらく思い切って振れなかった。
自分の思った通りに構えられるようになり、安心して振り抜くことができるようになった。

プロフィール

名前 弓削淳詩(ゆげ あつし)
生年月日 1992年2月22日
身長体重 178㎝ 78㎏
出身 沖縄県石垣島
大学 東北福祉大学
プロ転向 2014年

本人からのコメント

レギュラーツアー出場権を目指して頑張っています。応援よろしくお願いします。

お問い合わせ

TEL:078-431-3727

【営業時間】平日 10:00~21:00 土曜日 10:00~20:00
【定休日】日曜日・祝日

メールはこちら