クラフトマンゴルフショップ オーシャンクラブ

オーダーメイドゴルフクラブ/オーシャンクラブ(兵庫県神戸市)

 

兵庫県神戸市東灘区西岡本にあるオーシャンクラブでは、クラブのライ・ロフトはそのままでフェースアングルだけを変える整形手術ができます。
マイベストプロ神戸

 

会社概要

 

お問い合わせ

 

ブログスペース

 

会社概要

 

クラフトマンゴルフショップオーシャンクラブへようこそ!

 

クラフトマンゴルフショップ
オーシャンクラブへようこそ!

 

全天候型室内レッスン場 オーシャンゴルフアカデミー

クラブのクラフトマンでありティーチングプロである店長がお教えします。

 

NGF 日本ゴルフ財団認定ティーチングプロ

クラブのクラフトマンでありティーチングプロである店長がお教えします。
ティーチングプロフェッショナル
全天候型室内レッスン場 オーシャンゴルフアカデミー。

アカデミーの新サイトができました。こちらからどうぞ。
(外部サイトに飛びます)

サイト内のオーシャンゴルフアカデミーはこちらから。

 

オーシャンゴルフアカデミーの指導方針

100人のゴルファーがいれば、100通りのスウィングがあって当たり前だと私は考えています。
あるひとつの『理想のスウィング』を押し付けるのではなく、『その人の個性に合ったスウィング』を教えるのがインストラクターの使命だとも考えています。

その人が本来上げるべき位置にクラブが来ていなければ、それは個性ではなくエラーです。 でもそのスウィングがいかにおかしく見えようとも、それが本来あがるべき位置であれば、それはその人の個性なんです。

 

 

スウィングモーションを細かく分けると11段階あります。
これら全てを教科書通りに正確に行えれば、それは理想的と言っていいでしょう。
しかし、それらのうちの幾つかが狂っていたとしたら?
はい、それはエラーが起こっています。
でもそのエラーが、その人にとって『自分の個性に合ったもの』であったとしたらどうでしょうか?
そのエラーを矯正することによって、実は根本的な部分でスウィングが狂ってくることすらあり得ます。

個人個人のスウィング矯正は、その人の持っている個性を肯定するところから始めるべきだと私は考えます。
否定することから始めるのではなく、個人を肯定することから始めます。
だから私のレッスンは、スパルタではありません。
変な厳しさを押し付けることはしません。
しかしマナーにはうるさいですよ。
オーシャンゴルフアカデミーは、グッドプレイヤーの育成を目的としていますから。

 

クラブを整形して貴方が構えたい顔に!

クラブのフェースアングルが気に入らないけど、どうしていいかわからない。 そんな経験はおありですか? 『アップライトにしたり、ロフトを立てればフェースがかぶります。』 『フラットにしたり、ロフトを寝かせればフェースが開きます。』 お店で こんな風に言われて 諦めた経験はないですか? オーシャンクラブでは、ライ・ロフトはそのままで フェースアングルだけを変える整形手術ができます。

大阪南部でお仕事をされている、コットンフィールさん(HN)からのご依頼は『今使っている、ボーケイウェッジの出っ歯を数ミリネック側に下げて(グースをつけて)欲しい。でもライ・ロフトはそのままで!』というものでした。下にその実例を挙げますのでご覧下さい。

 

ライ角64度・ロフト57度のウェッジです

 

ライ角64度・ロフト57度のウェッジです

 

ライ角64度・ロフト57度のウェッジです
この角度は、調整後も変わっていません

 

フロー

 

オリジナルは フックフェースの出っ歯
リーディングエッジがシャフトと一線です

 

オリジナルは フックフェースの出っ歯リーディングエッジがシャフトと一線です

 

オリジナルは フックフェースの出っ歯リーディングエッジがシャフトと一線です

 

ところがこれをオーシャンクラブで調整すると・・・

 

フロー

 

フックフェースがオープンになり 出っ歯が引っ込みました

 

フックフェースがオープンになり 出っ歯が引っ込みました

 

フックフェースがオープンになり 出っ歯が引っ込みました
ネックより数ミリ下がっているのがおわかりですか?

 

コットンフィールさんも
『構えやすくなりました!自分の構えたい顔なので自然なセットアップができます!』と喜んでくださいました。その後、練習場やコースで使われた結果、今までとは違い自分の入れたい角度でヘッドが入るようになったと喜びの声を頂きました。


オーシャンクラブでは、アップライトにしてもグースがついたりフックになったりしません。
またライ・ロフトをそのままで、フェースアングルだけを変える事ができます。
(ただし、軟鉄のヘッドに限ります。ステンレスなどはできない場合もございます)

 

スーパーゴルフ2006年2月1日号において取り上げられました。

2006年2月1日号において取り上げられました。

 

これらの技術が各種メディアで話題沸騰です

これらの技術が、スーパーゴルフ 2006年2月1日号において取り上げられました。

写真をクリックしていただけば詳細を
ご覧頂けます。(ニュース記事に飛びます)

ご興味をもたれた方は、今すぐお電話かメールでお問い合わせ下さい。
078-431-3727