はじめての方へ

  • HOME
  • はじめての方へ

 

オーシャンクラブとは?

オーシャンクラブとは?

私たちオーシャンクラブは、単にヘッドとシャフトとグリップを組み立てるだけのものをオーダーメイドとは呼びません。『体にクラブを合わせる』のではなく、『クラブを体に合わせる』ためのオーダーメイドクラブを作成しているのです。

では、具体的にいえばどうなのか?というお話をさせていただきましょう。

★柳井さんと松本さんの場合(2003年6月来店/
当時44歳)

柳井さんと松本さんは、年も同じで体格もほとんど同じです。ドライバーの飛距離も、アイアンの番手もほぼ同じで、スコアも似たり寄ったり。ゴルフショップでヘッドスピードや球の初速を測定してもらっても、ほとんど同じ結果です。

当然、柳井さんと松本さんがお店で薦められるクラブは同じスペックになりました。しかし、結果は全く逆のものになってばかり。柳井さんが使ってよい結果の得られたクラブでも、松本さんが使うとどうもよろしくない。松本さんが嫌気を差してクラブを買い換えると、新しいクラブの結果はまずまず。
では…ということで柳井さんが同じクラブを買ってみたら、結果は散々でした。

なぜこんな現象が起こってしまったのでしょうか?

なぜこんな現象が起こってしまったのでしょうか?

年齢も体格もヘッドスピードも初速もほぼ同じふたりなのに、同じクラブが使えない。
これは、機械では測りきれない、
『数字で表せない、スウィングタイプの違い』
を知らなかったからです。
柳井さんはテイクバックの始動も、ダウンスウィングの基点も下半身から始まるタイプ。
しかもリストターンタイプのスウィンガーです。

でも松本さんは、上半身からスタートする上半身タイプで、ボディーターンのヒッターでした。細かい点は省略しますが、下半身タイプのゴルファーと、上半身タイプのゴルファーでは多くの場合、クラブのスペックがほぼ逆になります。リストターンタイプとボディーターンタイプのクラブも異なります。だから下半身&リストターンタイプの柳井さんにとっては良いクラブでも、上半身&ボディーターンタイプの松本さんには合わないのです。

スウィングタイプの違いを数字で表すことは、今のところ誰も正確には成功していません。シャフトメーカーの何社かは、このスウィングタイプに注目し、いくつかのタイプ分けを始めています。しかし、数字で表すことはできていませんし、誰がそれを見極めるのか?といえば、やはり『人間の眼』以外には頼れるものはないというのが今の現実です。

私たちは、長年にわたってこの『スウィングタイプ』の研究をしてきました。数多くのお客様と接し、試行錯誤を繰り返しながら研究を重ねています。

まだまだ完成の域に達したとは言えません。少しでもお客様に楽しいゴルフをしていただけるよう日々努力を続けていきます。

 

お問い合わせ

TEL:078-431-3727

【営業時間】平日 10:00~21:00 土曜日 10:00~20:00
【定休日】日曜日・祝日

メールはこちら